2008/03/16

いつ出るの?

                 (ロバスミ近影:イタリア版rolling stone)

この前sheelaさんより、いつcureの新盤が出るの?というコメントをいただき、
欧米のファンサイトでも「いったいいつ出るんだよ!」
と苛立ちの声がいくつも上がってきているので、
どうしてcureがアルバムを出せないかというのを、私見を述べたいと思います。

その前にcureファンの方は、
あまりヘヴィ・ロックやemoをお聞きにならない人が多いようなので、
ロス・ロビンソンという人間がどういう人物かを
あまりご存じないと思います。
ロスについてはまた日を改めて、きちんと書こうと思いますが、

ただ、一点だけ。
ロスという人はバンドに
異常なほどの過酷を強いるということです。

その結果、傑作も作りもするけれども、
同時にバンドの人間関係も悪化させ、必ずや破滅へと導きます
(汗)

at the drive inしかり。separturaしかり。
上の二つのバンドは、傑作アルバムを作ったあとバンドは散会してしまいました。

kornやslip knotが2作までしか続かなかったのは、
ロスの鬼畜ぶりに耐えられなかったからです。
もし機会があれば、ぜひkornのDVDを見てみてください。
ロスのレコーディング風景がごらんになれます。
はっきりいってすごいです。凄絶です。
ジョナサンを徹底的といえるまで精神的に袋小路へと追い詰め、
トラウマを引き出させる、そのやり方は本当に「悪魔」です。
最近、screamo系に活動の場を移してからは
演奏者にも同じ負担を強いるようになり、
演奏者は血を吐くまで演奏しなければならないことになってます
(激汗)。

ペリーさんとロジャーさんが抜けたのは、当然といえば当然で、
私はあのセルフ・タイトルのアルバムを作ったとき、絶対なにかあると思っていました。
案の定、メンバー・チェンジという結果を招きましたが、
今回のレコーディングもそういう状態を引き起こしていることは、明らかかと…。
ロスとロバートのあいだで何らかの緊張状態があるような気がします。

二人とも非常に個性の強い人間なので、
今回、新盤が出た後どのようなことになるかは分かりませんが、
もしかしたらロバートがロスを切るか、
バンドをもう一度再編させるか、
いずれにせよ、ロバートにとってつらい選択を強いられることになるかもしれません。

でも、ロスとの契約ままだ残っているので、どうなるかは分かりませんけどね。

追記:
先日、juneさんからご指摘があったとおり、
かなり誤解を与えてしまう書き方をしてしまいました。
今回のアルバム制作に関して、プロデューサーはロスと共同ではなく、
ロバート本人によるプロデュースとなっております。
しかし、私が言いたかったのは、ロスはcureの所属レーベルのオーナーであり、
実際アルバム制作を行うということで契約を交わしているので、
実際にプロデュースに携わらなくても、
何らかの形では関わっているのではということを想定して書いております。
もしかしたらミックス・ダウンはとうに済んではいるけれども、
ロスのほうでリリースのサインが出せないでいるのかも…とか思ったり。
彼はひじょうに熱い男ですから、
よりエモーショナルなものを求めているのではないでしょうか?

6 件のコメント:

June さんのコメント...

こんばんは。すっかり元気になられたみたいですね。たかが風邪、されど風邪。風邪も悪化すると結構たちが悪いですから、無理は禁物です。

ところで今回のなかなか出ないニューアルバム、ロスがプロデューサとして参加しているのですか? 確か今回はロスには参加させずにロバートが自らプロデュースするってんで、海外のファンも非常に喜んでいたのを覚えているのですが・・・

hender(mako) さんのコメント...

juneさん、お気遣いの言葉ありがとうございます。おかげさまで、風邪は全快しました。

ところで、ロスのプロデュースの件ですが、
確かにマスコミ等で伝えられているかぎり、今回はロバートがプロデュースということになっていますが、
ちょっと私の書き方に問題があり、誤解を与えてしまったようです。すいません。
私が言いたかったのは、cureはロスのレーベルと契約を交わしており、プロデューサーとしては関わらないまでも、何らかの形では関わっているのではということを想定して書いてます。
実際3作のアルバム制作をロスと行うという形で契約したらしいですし、
クレジットはなくてもエグゼクティヴ・プロデューサーとして関わっているのではないでしょうか。
またはこれも推測ですが、すでにミックス済みのアルバムを聞いて彼がゴーサインを出していない可能性もあるわけで…。
ロスはロバートを尊敬してますけれども、熱い男ですから、けっこう口うるさいのでは?と思ってます。
いずれにせよ、あまりにも書き方がまずかったので訂正します。

June さんのコメント...

レーベル主催者としての口出し。う~ん、考えてもみなかった。なるほど、充分有り得そうなことですねぇ。

私はロスのことはあまりよく知りませんが、プロデューサーとしても手腕を発揮しているということは彼自身クリエイターとして確固たる世界観と自信を持っているのでしょうし、それはロバートも同じ。そんな二人が一緒に事を成すとなると、良い時はものすごく良いのでしょうが、逆に対立した時はむちゃくちゃ反発しそう・・・ 

ロバートは昔から自分の作品製作に関してあれこれ口を出す人間をとても嫌いますからねぇ。元マネージャーのクリス・パリーとも対立したこともありました。今回もそんなことが無いとは言い切れませんね!鋭い!

hender(mako) さんのコメント...

レーベルのオーナーって、私たちが考えてるよりもずっと口うるさいというか。
トレントもアルバム制作やロイヤリティの問題とかで、レコード会社ともめにもめまくって、とうとう自分のレーベルを作っちゃったぐらいですからね。
ロスは特にアメリカ人じゃないですか?
いくら音楽に理解があるといっても、そこはレーベルの主催者としての利益とかを優先させるのではないでしょうか?
いやらしい言い方だけれども、儲けが出せるものじゃないと。
ロバートがディレクターズ・カット盤としてもう一枚出すといっているのも、そういう口うるさい連中がいるからじゃないでしょうか?

それよりも、もっとかわいそうだと思うのは、ロバートが少しファンの思惑を気にしすぎているのではないということです。
私は最近になって海外や日本のファンのことを知るようになったのですが、昔というか80年代のcureの音楽にこだわりすぎる人が多すぎるような気がして…。
ロバートも例の「A Boy I Never Knew」を入れたのも本当に彼自身の意向だったのか。
ファンがもっと暗い歌をと望む声に負けて入れたような気がしてならないんですけれども…。
もう少しロバートのことを温かく見守ってあげられないものでしょうか。
ロバートの路線変更はcureが長く生き残るためには仕方のないことですし、むしろ昔の音楽に固執しすぎれば、古参のファンは喜ぶかもしれないけれども、逆に10代の若いファンを開拓するのが難しいように感じるのですが…。
両者とも満足させるというのは非常に難しいことなんですけれども…。
なんかロバートが別の意味でがんじがらめになっている気がして、かわいそうです。

June さんのコメント...

クリエーターとしてのロバートとプロデューサーとしてのロバートの求めるところは一緒なのか違うのか? ロバート自身も決めかねているんでしょうかねぇ。今回のアルバム発表が延びに延びているのはそういったことも影響しているんでしょうか?

私自身はロバートがやりたいようにやって欲しい。それが私の希望するものと違ったとしても、ロバートが作り出したいものこそを見たい!と思っています。
海外のファンサイトでもそう言っている人って少なくないんですけど、でも熱狂的で掲示板などで長々と自分の意見を述べるような人ほど、自分の思い通りにならないと著しく不満をたれ手攻撃的になる傾向にあるんですよねぇ・・・ もっと冷静になれないのかしら・・・

hender(mako) さんのコメント...

熱狂的なファンほど攻撃的になるファンが多い―本当にそうですよね。

私はNINやKornなど色んなバンドのファンなんで、そういうバンドの海外のファンサイトをのぞいたりするんですけど、
でも、Cureファンほど熱狂的というか、バンドを神聖視するファンもいないんではないかと。
NINやKornが自分達の趣向とはちがったアルバムを出してもこれほど攻撃的になって激しく意見を述べたりするファンはいないですもん。

私が思うに、cureのすごいところっていい意味でも悪い意味でも聴衆を裏切り続けるってところにあるんじゃないかと思うんです。
どんなバンドでもいちど成功してしまうと、無理な冒険はやめて最大公約数のファンを満足させるための曲づくりに走ってしまうもの。最近のレッチリなんかはそういう傾向にあるように思います。
しかし、cureって絶対に聴衆に媚びないじゃないですか。そこがすごいって思うんですよ。
50歳を目前にしても音楽に対する情熱を失わずに果敢に新しい冒険を試みる。そんなロバートが私は大好きなんですが…。
若いバンドが彼らを支持するのもそんなところだと思うんですが…。
ファンの人のdisintegration part2を作って欲しいという意見には同意しかねます。