2008/10/05

EMOとは何ぞや その3

では、具体的に曲を見ていきましょう。


いま一番典型的emoスタイルな曲が

↓↓↓↓↓↓↓



マイケミですね

このバンドがすっかり有名になったおかげで、
emo=ゴスとなってしまいました。
もともとemoにはゴスの要素がなかったはずなのに。

ですが、パンクバンドってけっこう
眼に黒い縁取りを入れることが多いですよね?
あのメイクをさらに濃くしていくと
ゴスになっていくんでしょうね…


で、もうひとつ、マイケミと並んで
emoバンドの双璧をなしているのが、



Fall Out Boy - Dance, Danceでございます。
アメリカで大人気です
特にベースのピート・ウェンツは
エモ・アイコンとして絶大な人気をほこっております。
しかも、彼はアシュリー・シンプソンと付き合っていて(現在結婚)、
アメリカのマスコミを大いににぎわしておりました。


しかし、emoといってものような騒々しい音ばかりを
鳴らすバンドだけではありません。
のようなバンドもあります。



Death Cab For Cutie - Soul Meeets Body
スミスやキュアーの影響が最も色濃い
new wave系emoバンドです。
私的には、REMに近いような気もしますが。

そして、同じエモ系でもレディヘに近いのが、
最近私がハマっているこれ。



Copeland - Brightest

そのほか、たくさんのemoバンドがあります。
またそのうちに紹介していきたいと思いますので、
気長にお付き合いくださいませ

2 件のコメント:

bure さんのコメント...

あまりに細分化されてしまって、私には「普通にロック」って感じなんですよね、EMOといわれるどのバンドも。
強いて言えば、デスメタルとか、デジタルロックとか、わかりやすくわけられるジャンルじゃないロックがEMO、って感じかな。
マイケミはブラックパレードだけが異色だったんだろうと思います。私は好きだけど、友達はあれで嫌いになったそうだし、ジャンル分けも、人の好みも難しいもんですね。

hender(mako) さんのコメント...

ぶれさん
お久しぶりです。
私もEMOについていろいろ書いてますが、
EMOというのはあってないようなものだと思います。
もっと言えば現在のアメリカ・オルタなの総称をEMOというのではないでしょうか。
現にat the drive inですら勝手にEMOになっちゃってるんですから(汗)

マイケミは私はファースト派です。
ブラック・パレードは私もちょっと。
ていうか、フツーのアルバムになっていて
my sweet revengeの過激さみたいなのが全部なくなっちゃってちょっと残念でした。
ですが、クオリティ自体は非常に高くて良質な作品ですよね。
次のアルバムに期待ですね